交通事故の障害

事故当たり前の日常が突然壊されてしまう、それが交通事故です。いつものように徒歩で会社に向かっていたとき突然車にはねられてしまった、いつも通り車を運転していたら後ろから猛スピードでぶつけられてしまった、ということは実際にあり得ることですし、誰もが交通事故に遭ってしまう可能性はあります。どんなに気を付けていたとしてもこうした交通事故に遭うことはありますし、時には命に関わるケガを負ってしまうことも考えられます。

交通事故によってケガを負ってしまうと仕事も休まなくてはならなくなりますし、今後の人生設計をかなり狂わされてしまうということもあります。今までうまくいっていたことが突然うまくいかなくなり、人生に陰が差したと思ってしまう方もおられるでしょう。また、交通事故で怖いことの一つに後遺障害が挙げられます。交通事故による後遺障害にはいろいろなものがありますし、これまでのような日常生活が送れなくなることも珍しくありません。

交通事故による後遺障害では上肢機能障害と呼ばれる障害もあります。交通事故などによる後遺症では高次脳機能障害が有名かもしれませんが、上肢機能障害が残ってしまう方も少なくありません。上肢機能障害が残ってしまうと日常生活にもさまざまな影を落としてしまうことになります。ここでは、恐ろしい後遺障害の一つとして知られる上肢機能障害について詳しくお話しますから、少しでも興味がある方はぜひ最後まで目を通してください。