上肢機能障害の障害

骨折交通事故が原因での上肢機能障害は怖い、ということは何となく理解できたと思いますし、そのような障害を残したくないと考えるのが普通です。では、上肢機能障害には実際のところどのような障害があるのかということですが、基本的には三つの種類に分けることができます。欠損障害と機能障害、変形障害に分けられ、それぞれ症状なども異なります。欠損障害は文字が示す通り体の一部が事故によって欠損してしまうことで、腕がなくなってしまった、切断されてしまったという場合には欠損障害となってしまいます。

機能障害は腕が失われたわけではないものの、本来の機能を果たせなくなってしまったような状態です。事故が原因で腕に障害が残ってしまい、今までやれていたこともできなくなることが多いです。ただ、機能障害でも完全に機能を失ってしまうケースもあれば機能を残しているようなケースもあります。次に変形障害ですが、こちらは交通事故が原因で骨折し、骨が変にくっついてしまい変形してしまったような場合です。違うところが曲がったり、もしくは曲がるはずの部分が曲がらなくなったといった状態ですね。著しい運動障害が起きることもありますから変形障害も怖いです。